読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキノツバサ

生き様を綴ってます

この歌は 涙を隠しながら 誰かの背中を押すために

ナナシスの3rdライブ、「Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17'→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe」に行ってきました。
3公演と自分の中では経験したことのないものだったのですが、季節柄、仕事や仕事が忙しくその実感が直前までなく、ナナシス初のアニメーション作品を手に入れたのもライブの前日という、果たして自分はこの2日間楽しむことができるのだろうかと正直心配でした。
当日は18時開演と余裕があったので、前日はちょっと夜更かしをしてハルカゼのBDや過去のパンフ等を眺めていました。

 

その中の一つ、2014年の10月に発行された(1stで再版)公式同人誌「ハジマリノヒノスコシマエ」で、茂木総監督は「ナナシスは涙を隠しながら誰かを応援する物語です」とコメントしています。そう、今回のハルカゼのキャッチコピーにもなっている言葉です。今回の「ハルカゼ」は777の一つの新曲という側面だけでなく、最初から貫いてきたナナシスの物語を形にしたものなんだなと感じました。
公式同人誌がどれだけ普及しているのか分かりませんが、最後のページにハルとニコルのシーンがあるのですが、ここにハルカゼに通じるメッセージが隠されていたと思うと・・・

 

さて、ライブの話です。
セブンスに圧倒され、777で盛り上がり、Le☆S☆Caに魅了され、4Uで弾けたライブだったのですが、予想もしない衝撃に襲われたのはその後、今回のライブで初登場したThe QUEEN of PURPLEです。
500期待していて200000で返ってくると、人ってダメになりますね。込み上げてくるものが止まる気配がありません。汗より涙のが染みついているんじゃないかってくらいタオルに助けられました。泣き崩れるってこういうことなのか。
自分の身に何が起きたのか理解できず、たぶん1分くらいは立ち上がるのに精一杯だったと思います。そしてムラサキ以外のみんなも歌ってる・・。マツリさんマジマツリさん。いやぁすごくヤバい(また崩れる)。

 

そんなわけで、土曜夜はそれまでに何をやっていたか、その後に何をやったのか記憶にないくらいQoPに全て持って行かれたので、正直なところQoPすげえ、すげえよQoPくらいの感想しかでてこなく、ちょっともったいない感じではありました。
日曜は展開が読めているのでそこまでの衝撃はなかったのですが、それでも来るものはありましたね。

 

腰の低いFUNBARE唯にゃんを目視で確認して、今回の目玉でもある「ハルカゼ」へ。
ゲームの最初のエピソードが出てきてもうこの時点でアウト。ライトをピンクにして振ろうと思うも後半は聞き入ってしまい最後はスタンディングオベーション(いやもう立ってるけど)。
そしてラストは「Star☆Glitter」。ハルカゼからのこの流れは反則です。誰かがやろうと言ったわけでもなく自然と出てくるサビでの振りコピ。2階席から見るナナシスカラーの一体感も素敵な景色でした。


スタグリはナナシスの「最初の想い」を大切にしているんだなと再認識させてくれる最初の一曲です。その想いはハルカゼにも通じるものがあります。かつてニコルたちがそうしたように、今度はハルたちが誰かの背中を押す。なんて素敵な物語なんでしょう。

 

感動の二日間をありがとうございました。

雪まつり2017

特に目新しいことがあるわけではないのですが、何だかんだで毎年行っていますので今年も行ってきました。今年は暖かくなる前に書きます。

昨年のはこれ。

sandol.hateblo.jp

 

今年はオーソドックスに土日の2日間。

HND7:30→CTS9:05 / CTS21:00→HND22:40

朝早くて夜遅いのは安くていいのですが、色々と辛いのが難点。朝はほぼ始発に近い時間帯だし、帰りは家に戻ってくると日が変わってたりしますし。

 

さて、朝早く空港に到着してもこれと言ってやることもなく。

さっさと札幌に向かえばいいのですが、雪ミクイベのスタンプ台紙が雪ミクスカイタウンで品切になっていて、10時開店のアニメイトで回収する必要があったのです。

スカイタウンで「ミクさんぽ」というAR体験が無料で遊べたのでやってみました。ミクさんと展示物を一緒に見学したり、ミクさんが歌ったりします。

 

f:id:sandol:20170307015627j:plain

 

そんなわけで札幌へ。今年の雪ミク雪像はこちら。

 

f:id:sandol:20170211115621j:plain

 

もちろん夜はライトアップされます

 

f:id:sandol:20170211201832j:plain

 

市民雪像はその頃に話題になっているものを作る傾向があるので、過去の作品をあとで見返してみると面白いのかもしれません。

今年はやっぱこれでしょうか。

 

f:id:sandol:20170211120300j:plain

 

f:id:sandol:20170211120129j:plain

 

トランプ雪像は外国の方(特にアメリカ)の受けが良かったそうです。

 

スタンプラリーをしつつ青少年科学館へ。

こちらでは、「スカイライトシアター feat.初音ミク」映像コンテンツ『Light Song』の再演を含む特別プログラム「今日の星空 SNOW MIKU 2017特別ver.」がありました。

プラネタリウムのあの空間で見る映像、それも4Kということでとても迫力がありました。プラネタリウム自体も久々で、冬の星空は外が寒いのもあって中々見ることもないので、とても新鮮で楽しかったです。

 

f:id:sandol:20170211153425j:plain

 

f:id:sandol:20170211153614j:plain

 

翌日は雪ミク電車を撮っていました。

昔はちょっと出かけて走っているところを撮ってたのですが、ループ化してから(折り返しが無くなったので)効率が悪くなり、あとはめんどくさくなったりで、今年は西4丁目で撮りました。まあここはここで悪くはないのかな。信号のタイミングで被ることもないですし。

 

f:id:sandol:20170212090750j:plain

 

f:id:sandol:20170212091016j:plain

 

f:id:sandol:20170211184414j:plain

 

夜は夜で街灯りで青色が映えていい感じになります。

写真をアップして気がついたのですが、日によって向きが違うのですね(夜の写真は前日)。

 

つどーむ会場ではラブライブ!サンシャイン!!雪像もありました。

場内には沼津のブースも・・・

 

f:id:sandol:20170212101100j:plain

 

f:id:sandol:20170212100913j:plain

 

今年も雪ミクとのコラボが各所で行われていたのですが、今回は「マジックスパイス」で展開されているスープカレーを食べてきました。

テーブルの上にあるスパイスを調子に乗って入れすぎたら大変なことに・・・

 

f:id:sandol:20170212112716j:plain

 

f:id:sandol:20170212113225j:plain

 

サッポロファクトリーも定番ですが、今年は入場料が必要に・・・

とりあえず予約していたねんどろいど買って、その他の物販はあまり興味がなく、展示物眺めてました。DIVAもやらなきゃなって思ってますが、他のゲームが忙しくて・・・

「地下鉄に乗るっ」や「駅メモ」の賀茂川先生によるイラストがとてもかわいかったです。

 

f:id:sandol:20170212144030j:plain

 

そんなこんなでイベントを楽しみつつ、スタンプラリーも終わらせました。

集めても何かもらえるわけではありませんが。

 

f:id:sandol:20170212153323j:plain

 

かなりの余裕を持って新千歳空港へ。

もう何度も行っているので、営業時間とか意識すらしていなかったのですが、帰りの飛行機までの暇つぶしに空港内の雪ミクスカイタウンへ行ったのですが、何と営業が終了ししているではありませんか。

昨年の夏くらいから、10時~20時が9時~19時に変更になったようで・・

到着時に、アニメイト閉まってるのにこっちが開いているの不思議に思ったのですが、まさか営業時間が変わっているとまでは思いもしませんでした。

雪ミクキャラメルおいしいんだけど買えなかったよ。

ポッピンQという宗教

昨年末、ポッピンQという映画が公開されました。

www.popin-q.com

 

東映60周年記念ということで、かなりの宣伝を投入し、かなりの数の映画館で公開されたものの、初日からそれほど座席が埋まらず、気づけば数える程度でしか公開されていないという、ちょっと残念な感じになってしまった作品です。

昨年の夏から冬にかけて、あれやこれやで映画館に足を運んだ方が多かったと思いますが、予告編で「あああああああああ・・・」って叫んでいたあれです。ほら、思い出したでしょう。

 

しかし、なぜここまで不遇な目に遭っているのでしょうか。プリキュアを見ている世代もターゲットにしたかったのでしょうが、その層にはあまり響かず、本編もダンス、ファンタジー、卒業と、時間の割にはちょっと盛り込み過ぎで(登場人物もたくさん)、どれも中途半端な感じがしました。絵はいいのにもったいない。

でも、橋を全力で渡るシーンとか感動しましたよ。ご都合主義と批判されている側面もありますが、まあいいじゃないですか。感動したんですもの。

 

本編に何を求めるかはこの際置いといて、ポッピンQを見た人はまるで何かに取り憑かれたように作品を人に勧め、繰り返し見て、その面白さを拡散させているのです。かくいう私も3回も見てしまい、池袋駅に掲示してあるポスターを探し、中目黒でその舞台を巡りました。

高知も舞台の一つになっていて、先日アンテナショップでコラボドリンクを購入し、いつものノリでツイートしたわけですが、"ふぁぼる"人がいつも以上に多くて困惑しました。これが"信者"なんでしょうか。

 

ともあれ、一度見た人にはそれなりに受け入れられていて、愛されている作品なんだなと思いました。応援上映やファンミーティングも何度も開催されているようですし。届くべき人へはちゃんと届いたんだなと思いました。

最後に、作品の最初のほうが盛大に公開されていますので、気になる方はぜひ。続編があるっぽい感じなのですがどうなんでしょう。こっちのが面白そうな気がしないでもないです。

 

雪の京都

日本に大寒波がやって来た日、たまたま大阪にいましたので、またと無いこの機会を逃すまいと、その場のノリと勢いで京都まで行くことにしました。

勢いといっても、ホテルでのんびり朝食のカレーを食べ、真っ白になった京都駅からの中継を暖かい部屋で見ているくらいの余裕はありましたが。

そんなわけで、京都市内まで行く元気と時間が無かったので(というかきっと大渋滞)、駅から比較的近い伏見稲荷まで行ってきました。淀屋橋9:40の特急に乗り込み、丹波橋で乗り換えをし、若干の遅れで目的地に到着しました。京橋あたりは雪なんて無かったのですが、樟葉を過ぎたあたりから景色が変わってきました。さっきまでテレビで見ていた一面の銀世界です。

 

文章を綴っても仕方がないので、あとは写真をぺたーっと貼っておきます。

f:id:sandol:20170115103515j:plain

 

f:id:sandol:20170115105921j:plain

 

f:id:sandol:20170115105214j:plain

 

f:id:sandol:20170115105455j:plain

 

f:id:sandol:20170115110016j:plain

 

悪天候だというのにたくさんの人がいました。むしろ雪だから人がいたのか・・

紅白のコントラストに見惚れてしまいます。

滞在時間30~40分くらいですかね。伏見稲荷11:05の列車で京都を後にしました。

時刻を書くのが鉄オタっぽいですね。

ナナスタのライブに行ってきました

あのモモカががんばってる!サワラさんがちょっとだけ真面目なこと言ってる!

ロナちゃん本当にニコ様好きなんだなあ。ホノカちゃん本当にラーメン好きなんだな。

シィちゃん10歳とは思えないくらい大人びてる。レナちゃんのコイバナ聞きたかった。

カジカちゃんと目があった気がする。

あぁ・・これがナナスタのライブ・・・・

 

ナナシスの2.5ライブ(t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5-)に行ってきました。

夏に2ndライブがあって、春に3rdライブがあって、その間なので2.5ライブ。

完成度の高い2ndライブの後で、それもBD発売直後でその興奮が蘇り、メンバーも2ndと比べ少ないので、正直どんなライブになるんだろうと思っていました。前回より1時間も短いですし。

まあ心配していたわけではないですが、2ndを超えましたね。いや、2ndとは次元の違うものを見ることができました。

ナナスタメンバーしかいないライブ、総監督がパンフで言っている「キャラクターとキャストの共通性」、ニジスタのインタビューでキャストの皆さんが言っていた「ゲームとリンクしている」、そしてそのインタビューで皆さんが最後に言っている「ナナスタで待っています」。

コニーさんの「ナナスタライブ、はっじまるよー!」でその幕が上がりました。そう、ナナシスのライブではなく「ナナスタのライブ」に来たんだなと。

一曲目は前回のラストを飾った「僕らは青空になる」。これは2ndの感想でも書いた気がしますが、前回を超えてみせるという意気込みを受け取りました。そしてすぐに気づく違和感、あぁ「歌ってる」と・・。もう感無量です。

一曲目からこんな状態で、次の「KILL☆ER☆TUNE☆R」で1stのコールアンドレスポンスなんてやられたら・・声が出ない。声を出したいのに声が出ない。あーヤバいヤバい、これを書いているだけで色々と思い出してヤバいです。

 もう一曲あってMC。「今日はMCがたくさんある」とハル役の篠田みなみさん。そうだね、前回は歌ばかりだったからね。キャストのトークがいっぱい聞けるのうれしいな。・・ん?これは篠田みなみさんではなくハルちゃんだよな。その後のMCの自己紹介も「スイです」「カジカです」と。いやあ一本取られた。そこにいたのは舞香ちゃんではなくカジカちゃんでした。MCというより「EPISODE」だよこれは。ゲームの音楽鳴ってるし。全部の曲が終わって「道井です」と自己紹介が始まってからようやく「声優」の登場でした。

シズカだったかな、2.5の意味は「支配人と私たちを繋ぐ」と言っていたのは。これを聞いたら最後はあの曲しかありませんね。「FUNBARE☆RUNNER」。ハルちゃんからスタートしたバトンが最後スイちゃんまで繋がり、そして支配人、さらには3rdへと繋がっていきました。

ナナスタのライブに来ているんだから、「特報」なんてあるわけないですね。あってはいけないのです。そんなにライブに言っているわけではないので、比較することはできませんが、ナナシスのライブは毎回想像を超えるものを見せてくれるのでとても満足度が高く余韻がいつまで経っても消えません。

そんなわけで3rdへのハードルが高くなってしまいましたが、きっとまたすごいものを見せてくれることでしょう。

 

Le☆S☆Caの話を書く場所がなくなってしまったけどまあいいか。新曲あったので少し書くとすれば、「トワイライト」は控えめに言って荒木レナちゃんだし、「タンポポ」は聞いててやっぱりLINE LIVEはタイムシフトが必要だよなと思いました。

ありがとう2016年

気づけば2016年も残りあと○日。今年も何をやっていたのか分からないまま1年が終わろうとしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

毎年恒例のこの1年間を無理して振り返る時期にもなりましたので、スマホの写真をぺたぺた貼りながらまとめてみようかと思います。Googleフォト便利だなあ・・

 

続きを読む

そろそろ次の記事を投稿してみませんか?

はてなブログは、あなたが日々の生活から感じたこと、考えたことを書き残すことができる場所です。記事を書き続けることで、あなたの感性や関心が読者にも伝わり、同じ興味を持つ人とのつながりが生まれるかもしれません。
ぜひ、はてなブログで、あなたの思いや考えを言葉にしてみませんか?

 

しばらくブログを放置していたら、ご丁寧にはてなからメールが届きました。「次の記事をさっさと投稿しろや」と。実に余計なお世話である。

とはいえ、一ヶ月近く放置なのもあれなので、これまたご丁寧に「お題」まで提案してくれたので、何か書いてみることにします。


・趣味の話や休日の話

あかん、これは話が長くなるやつだ。
マチアソビ以降何していたのかあまり覚えていませんが適当に。

10/15 (人の金で)京都へ

f:id:sandol:20161130012914p:plain

 

10/23 牧野由依無銭イベ

f:id:sandol:20161023125607j:plain

 

10/31 神奈中の1日券で山梨?へ

f:id:sandol:20161031125224j:plain

 

11/3 入間航空祭

f:id:sandol:20161103140606j:plain

 

11/6 神田カレーフェス

f:id:sandol:20161106151455j:plain

 

11/13 あんこう祭り

f:id:sandol:20161113124801j:plain

 

11/19 阿倍野運転会

f:id:sandol:20161119143503j:plain

 

これが全てではないですが、かなり盛りだくさんになってしまいました。

 

デレマス4thはLVでしたが、時間を忘れるほど盛り上がりましたし、北宇治高校の定期演奏会は、プロヴァンスの風からの三日月の舞が作品を思い出してしまい、あの緊張感が味わえました。

牧野由依さんのライブはとても久々でした。ツバサクロニクルの頃から応援していましたのでちょっと懐かしくなりました。だいぶ月日が経ちましたね。

あんこう祭りは深夜に出て朝4時前の大洗で駐車場を探すという、よく分からない状況になり、朝も鹿島線が水戸で2時間待ち?とかこれまた首をかしげる状況になっていて、ガルパン人気も想像以上になっていて驚きました。平穏な大洗に行きたいものです。

この間関西へは2回ほど行っているのですが、翌日にイベントを入れてしまったためにとんぼ返りでゆっくりできていないので、次はいつなのか分かりませんが(ナナシス2.5?)今度はのんびりしたいものです。

 

長くなってきたのでおしまい。またどこかで。