読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキノツバサ

生き様を綴ってます

読書とスマホ

「食べた」「読んだ」「見た」といった類の感想を書くのが苦手なほうで、他人に伝えるとしても、「最高かよ」「尊い」「いいぞ」くらいの言葉しか思いつきません。それはちょっと極端かもしれませんが。

小さいころに読書感想文を書く機会に残念ながら恵まれず、そういった苦労をせずとも大人になってしまったのですが、Amazon等でしっかりとレビューを書いている人を見るとちょっと尊敬してしまいます。

そもそも家で本を読む習慣があまりなく、学生の頃は研究室での実験の待ち時間、社会人になってからは通勤時間や遠出をしたときの車窓が見えなくなった時間帯とか、暇つぶしでの側面で本を読むことが多かったです。

 

しかし、最近になってそんな時間さえ奪ってしまう脅威が現れました。そう、スマートフォン(通称:スマホ)です。
こうなることが分かっていたので、スマホには極力ゲームを入れずにしていたのですが、気づけば数多くのゲームがスマホにインストールされているではありませんか。

この手のゲームで最初に手を出したのがスクフェス*1です。リリースが2013年の4月で、当時はiOSのみでしか遊べず、手元にあったのがミクスペリア*2iPad miniでしたので、iPad miniに入れるしか選択肢がありませんでした。

iPad miniとはいえ、持ち運ぶにはそれなりの労力が必要になり、基本は家で遊ぶことが多かったので、先述したとおりそこまで時間が奪われることはありませんでした(犠牲になったのは睡眠時間)。

ひょんなことからその翌年にiPhoneを手に入れ、スマホは不本意にも二刀流になってしまったわけですが、タブレットでのスクフェスが快適だったので、特に移行もせずそのまま遊んでいました。

 

スクールアイドルと戯れる平穏な毎日を過ごしていたのですが、それはそう長くは続きませんでした。転機というのは突然やってくるものであります・・・(つづく)

*1:ラブライブスクールアイドルフェスティバル

*2:Xperia feat.HATSUNE MIKU